自分のための備忘録。他の誰かにも、役立ててもらえたら・・・

役立てて.com

FX

FX口座の集約

更新日:

FXを始めて4年ほど経過しました。

私は、自分でもEAを作って動かしたりしますが、結構な数のEAを購入しました。

まさに、裁量トレーダーが陥る「ポジポジ病」のごとく「EAほしいほしい病」にかかり、やってしまいました。
EAは証券会社や口座縛りのものが多く、そのたびに、口座開設を求められて開設してきました。
口座を国内・国外を問わず開きましたが、ここにきて、整理整頓です。

時とともに会社のルールや方針も変わっていくかと思いますが、とりあえず、私が開いた会社とその印象を記しておきたいと思います。

(目次)

  1. 国内FX口座
  2. 海外FX口座

スポンサーリンク


国内FX口座

すべて閉鎖します。

「追証が発生する、今後レバレッジ10倍になる、なにかあったときに異常なほどスプレッドが広がり、スリップする」

国内証券会社の印象はこんなところで、出金リスクがないとかいろいろ言われていますが、海外の証券会社でも普通に出金できることを考えると、国内のFX会社は自分として選択できませんです。

これまでに開いた国内証券は
MT4を利用したいがために、限られますが、マネックス証券、FXCM(現・楽天証券)、外為ファイネスト、Avaトレードジャパン、OANDAジャパンです。

マネックス

マネックスは株の売買をやっていたついでに開きましたが、MT4は途中から利用できなくなりました、通常時のスプが広いく手数料も高いです。

FXCMは楽天証券

FXCMは楽天証券に買収され、のちに楽天証券として統合されましたが、統合後、ありえないほどのスリップを数回見ました。指標時のスプレッドの広がりとスリップは、もう、目を見張る大きさでした。もう、ほんとに、、びっくりするようなことも起き、翌日、楽天証券の株価が暴落しました。
そのことがあってからも、オカシナことは続きましたので、、、ダメですよね。

外為ファイネスト

それに比べると、外為ファイネストは、悪い印象はありません。ただ、心配になるくらい、管理パネルというか、HPが・・・・
GMT+9で、日本時間表示そのものです。でも日足が6本になります。スプレッドも小さく、スリップもあまりしない印象です。
問題があったときの対処も迅速で顧客満足のいくものでした。
もし、どうしても国内証券を開設しなければならない日がきたら、私は外為ファイネストにしたいです。ただ、EAやインジケータで日足を利用するものは注意が必要ですね。

Ava

Avaも、可もなく、不可もなく、というところです。AI搭載EAというのを購入したときにこの口座を開かないといけなかったので開きました。約定サーバーがアジアにある口座になってしまいます。日本に設置のVPSを借りるといいでしょう。(私のVPSはロンドンとNYの2箇所でしたので、いまいちな感じでした。)

OANDA

OANDAは、サービスもよく、OPENポジションなどの状況がわかるインジケータを配布してくれるので、それを見てトレードしたい人は開くといいと思います。
ただ、他の証券会社では正常に動くEAがOANDAだと動かない、という現象がありました。理由は不明なままです。OANDAのMT4はちょっと特殊なのかもしれません。

スポンサーリンク

海外FX口座

結論からいって、海外証券会社で残すつもりの会社は、TitanFX、XMです。
安心して利用しています。

Titan

Titanは、Pepperstoneの生まれ変わりのようなものでスプレッドが小さいです。特にBlade口座は小さいです。
約定も早いですし、両建てもOK、スキャルEAもOK。なんというか、自由度が高く、使いやすいです。
約定サーバーはNYですので、もしVPSを借りるならNY設置されているVPSがいいです。

XM

XMは、サポートもいいし出金も大丈夫。(現在は、日本人の口座開設はXmtradingです。)
私の知人が10年以上も利用していて、トラブル0なので、そこはほんとに大事です。少々スプレッドが大きいかなと感じていたところ、ZERO口座を作ることができるようになりましたので、そちらを利用しています。口座開設時などの3000円ボーナスはもらえませんが、やはり、私はZERO口座にしてよかったと思っています。
あと、XMは口座残高やトレード条件はありますが、Beeksという会社のVPSも無料で利用できるというメリットがあります。Beeksはイギリスにサーバーがあります。このVPSのことはまたの機会にでも書こうと思います。

スポンサーリンク

Titanも、XMも、管理画面がとてもわかりやすく、チャットで質問もでき、安心です。
Gmtが夏+3、冬+2、と、両方ともわかりやすい。1週間に日足5本でとてもいいです。

他に利用した海外証券は、、、

FXDD

FXDDは、月曜日の開始が6:00なのと、ゼロカットシステムがない!のが特徴なんじゃないでしょうか。あるFX教材を購入した時に、その講師が利用しているということで開設しましたが、口座を開いたあとに追証発生することに気づき利用しなくなりました。

Axiory

Axioryも通常使用には問題ないと思います。昨年管理画面がとても使いやすいものに変わり、満足していました。
が、早朝のスプレッドが広がるようで、早朝に動くEAの成績が悪くなり、TitanではトータルプラスのものがAxioryではマイナスとなりました。スプレッドの大きさを制限したエントリーなので、ポジションを持つはずが持てないことが多々あったのが原因です。

BigBoss

BigBossは、金曜に閉める時間がTitan、XM、Axioryなどより5分遅い。それはいいことなのかと思っていましたが、流通量が一気に少なくなるため、上下に長いヒゲがでてしまいます。それで、無駄にSLにひっかかってしまったりするので、金曜日を持ち越さないトレードスタイルの方には大丈夫ですが、スイング系を行うには少々リスクが高まるかなと思います。
ただ、、最近、100%ボーナスなどのキャンペーンなど魅力的なこともあるので、使い方次第ですね。

SBS

SBSという、ほとんど誰も知らないのではないかと思われる会社があるのですが、あるシステムを利用するのに、ここの口座を開いて、ここで取引する必要があるのですが、出金ルールがどんどん一方的に変更されていきますし、スプレッドも大きくなってきています。時々、長いヒゲを出して、刈られます。ですが、そのことに対する説明もないまま時が過ぎていってます。いつか出金しようと思ったときに、出金できるのかどうか、、、疑問でもあり心配です。
ホワイトラベル的な会社かな、、よくは、わかりませんが、多くの資金を入れるのは様子を見てからにしようと思っています。
(システム販売者は「時間はかかっても出金は必ずされる」と言っているそうなのですが、私の知人は、出金申請から2ヶ月以上経過していますが、いまだに出金できていないようです。その経過報告もないようです。その後、一部が出金されたそうですが、MT4口座はすべて0になり、出金額の説明を求めても何の返答もないそうです。あぶない・・・・)

GEM

先日、GEMからユーザーに対し、両建てシステムSARBと、それに類似したシステムの利用者について、禁止トレードであるため、2月17日までにそれらの取引を止めるようお知らせがきました。

2月17日までに止めれば罰則規定を適用しない旨が書かれていましたが、実際はどうでしょうね。。。たぶん、利益没収されるのではないでしょうか。本当に、何も処置をしない、とするのでしょうか・・・見守ってみたいと思います。

そんなこんなで、口座縛りのあったシステムやEAのうち、TitanとXMで利用できるものはそうしてもらうように申請して、Axiori、BigBossの口座縛りのEAはあまり成績も芳しくなかったので、titan、XM以外は、すべて整理することにしました。

何もわからない状態からFXを始めると、知らない間に、怒涛のように口座が増えていってしまって、管理だけでもあっぷあっぷです。

色々なことをスッキリさせていきたいと思います。

-FX

Copyright© 役立てて.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.