明王院~鎌倉で唯一の五大堂。近くに御衣黄桜や大江広元稲荷・墓・邸跡

この記事は約3分で読めます。

金沢街道沿いにある明王院は鎌倉で唯一の五大明王を祀っているお寺です。

明王院は1235年(嘉禎元年)、鎌倉幕府四代将軍 藤原頼経により建立された真言宗泉涌寺派の寺院です。鎌倉観音霊場の8番札所でもあります。鎌倉十三佛霊場のひとつです。

本堂の五大明王、十一面観音のほかに、大江広元像を預かり、稲荷の祭日には読経をあげています。「大江広元稲荷」をご開帳しています(2022年4月1日鎌倉殿の13人に大江広元登場を記念して)。

明王院

明王院の桜が綺麗です。境内は撮影禁止なので明王院門の外から撮影です。

明王院前
明王院前
明王院の桜
明王院の桜

五大明王とは

五大明王とは、以下の明王様からなる五体の明王様の総称です。不動明王さまを中心に、その周りを他の四体の明王さまたちが囲んでいます。

  • 不動明王(ふどうみょうおう)・・・中心にいます
  • 大威徳明王(だいいとくみょうおう)
  • 軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)
  • 降三世明王(ごうざんぜみょうおう)
  • 金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

毎月28日に護摩法要が行われていて、誰でも本堂に入って明王様に会うことができます。

明王院付近のみどころ

御衣黄桜

明王院の側まで行ったら、桜の時期はぜひ「御衣黄桜」も見てほしいです。
みどりの桜でとても珍しいのではないでしょうか。
明王院の近くにある公園に咲いています。

御衣黄桜、緑の桜
みどりの桜(御衣黄桜)

大江広元の墓や稲荷社など

明王院の近く、十二所に居住されていた大江広元。広元邸跡には、現在では石碑があります。

明王院の裏山から天園ハイキングコースに入ると、初弁天さまと共に大江広元の墓とされている五層塔(五輪塔ではなく)があります。

大江広元の墓(五輪塔)
大江広元の墓(五輪塔)2008年撮影

明王院では、大江広元の木像が公開されています。
おそらく広元を祀る大江稲荷社の御神体かと思います。

大江広元稲荷
大江広元稲荷(撮影:鎌倉手帳の師匠 2022年4月)
大江広元縁の場所~稲荷・墓(五層塔・法華堂跡のやぐら)・大江元広邸跡
大江広元にゆかりの場所をご紹介。法華堂跡の墓や、明王院の周りにある五層塔のお墓、大江広元稲荷、大江広元邸跡の石碑などです。鎌倉幕府を支えた功績は大きい公家出身の広元です。

明王院が含まれる散策コース

鎌倉散策

金沢街道沿いの散策(半日コース)

明王院⇒浄妙寺(鎌足稲荷)報国寺旧華頂宮邸杉本寺

コロとめぐる鎌倉の旅

マルチーズ犬2歳の頃、コロとめぐった鎌倉めぐり。
コロが主人公になった、師匠(鎌倉検定1級)とお姉タンとコロのほぼ半日かけてめぐるコースの中から、明王院が含まれるコースを紹介します。

明王院→天園ハイキングコース→建長寺
4月半ばの桜の季節、珍しいみどりの桜「御衣黄桜」見がてら、天園ハイキングコースを行きました
山道ハイキングメインのコースです。

コロ!鎌倉の古道を行く 鎌倉アルプス編
ワンコ犬と一緒に行ける鎌倉の旅(第4回)のご紹介。4月半ばの桜の季節、珍しいみどりの桜を見がてら、鎌倉アルプスの山道をゴールの建長寺まで散策。お散歩コースは、明王院→天園ハイキングコース→建長寺 。

明王院へのアクセス

所在地:〒248-0001 神奈川県鎌倉市十二所32
電話番号:0467-25-0416
拝観料:無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました