報国寺~竹林と足利一族

この記事は約4分で読めます。

金沢街道沿いにある竹林で有名な報国寺は、観光名所にもなっていて、その圧巻たる孟宗竹林を見たら必ずや「おぉ~~~~!」と声が出てしまうことでしょう。

鎌倉のお寺に悲しい物語はつきものです。こちらの報国寺も、足利義久自害の地であり菩提寺であります。

報国寺は1334年(建武元年)創建の仏教臨済宗建長寺派の寺院(正式には功臣山報国建忠禅寺)。本尊は釈迦三尊です。

  • 鎌倉三十三観音霊場の第10番
  • 鎌倉十三仏霊場の第8番
  • 東国花の寺百ヶ寺の鎌倉5番札所

報国寺の境内

山門

山門前に報国寺の説明書があります。

報国寺看板
報国寺看板
報国寺山門前
報国寺山門前
報国寺門
報国寺山門
報国寺のお地蔵様と石仏様
報国寺のお地蔵様と石仏様

本堂

報国寺本堂
報国寺本堂
報国寺 本堂
報国寺 本堂

庭園

報国寺の庭
報国寺の庭
報国寺の池
報国寺の池
報国寺竹林入口
報国寺竹林入口

足利家のやぐら

足利義久の菩提寺となっている報国寺ですが、弔うやぐらがあります。

報国寺 足利家のやぐら(横穴式供養堂)
報国寺 足利家のやぐら(横穴式供養堂)

苔庭

苔庭にお地蔵様がいます

報国寺の五輪塔と六地蔵様
報国寺の五輪塔と六地蔵様

木下利玄の記念歌碑

報国寺 木下利玄記念歌碑
報国寺 木下利玄記念歌碑

孟宗竹林

報国寺の孟宗竹
報国寺の孟宗竹
報国寺の竹林
報国寺の竹林

新田義貞鎌倉攻めの際の北條勢新田勢両軍戦死者の供養塔

報国寺 供養塔
報国寺 供養塔

鐘楼

報国寺鐘楼
報国寺鐘楼

釈葉堂

報国寺の迦葉堂
報国寺の迦葉堂

バリアフリー

多目的トイレ

山門を入って20mほど先に、車いすで入れる多目的トイレがあります。ありがたいです。

本堂前まで車いすOK

車椅子で本堂前まで行けますが、山門から本堂まで坂があるので付き添いが必要です。抹茶席含む竹の庭は、階段があるため車椅子では行けません。

報国寺の歴史とゆかりの人物・一族

1334年(建武元年)創建。報国寺開山(仏乗禅師)さまは、この地に休耕庵を建てて修業なされました。開基は足利家時。上杉重兼も寺の創設にかかわっています。

足利一族

  • 足利尊氏は、報国寺の開基である足利家時から2代後の人物で室町幕府を開いた。
  • 足利基氏は、足利尊氏の息子。尊氏によって鎌倉公方(くぼう)に据えられ、関東を治めました。
  • 足利持氏は、四代鎌倉公方だったが、将軍になれなかった不満から永享(えいきょう)の乱を起こす(永享 10 (1438) 年、将軍足利義教に対して起こした反乱)。しかし、勝利することができず、持氏は出家したけれど許されず、永安寺において自害するはめになりました。持氏の供養塔は鎌倉材木座の別願寺にあります。
  • 足利義久は、持氏の嫡子。永享の乱の後、菩堤寺である、ここ報国寺に於いて自害割腹されました。
  • 足利持氏、義久の自害によって、足利鎌倉公方による関東の実質支配は終焉しました。(一族は、鎌倉では四代、90年にわたって栄えました。)

宅間法眼一派

宅間法眼一派の芸術家達が居を構えていた谷間ですので、現在でも「宅間谷戸」と呼ばれています。

報国寺の領内に居を構えた著名人

川端康成

この、山あいのしじまの音なき音を「山の音」と表現されました。(報国寺公式HPより)

林房雄

報国寺が含まれる散策コース

鎌倉散策

金沢街道沿いの散策(半日コース)

明王院⇒浄妙寺(鎌足稲荷)⇒報国寺⇒旧華頂宮邸⇒杉本寺

コロとめぐる鎌倉の旅

マルチーズ犬2歳の頃、コロとめぐった鎌倉めぐり。
コロが主人公になった、師匠(鎌倉検定1級)とお姉タンとコロのほぼ半日かけてめぐるコースの中から、報国寺が含まれるコースを紹介します。

第6回 コロ!鎌倉の古道を行く 朝夷奈切通コース

小町大路(妙隆寺)→金沢街道(田楽辻子の道→勝長寿院跡→報国寺) →光触寺→朝夷奈切通
5月末の新緑の季節に、金沢街道を通り孟宗竹林で有名な報国寺をめぐり、朝夷奈切通を目指したコースです。

報国寺へのアクセス

所在地:〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4
電話番号:0467-22-0762
拝観料:300円 、抹茶(干菓子付): 600円
拝観時間:9:00~16:00 抹茶の受付は15:30まで。

無料駐車場あります

鎌倉駅より

  • タクシー 約7分
  • 京浜急行バス 鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き/ハイランド行き 約12分(浄明寺バス下車・徒歩3分)

コメント

タイトルとURLをコピーしました