鎌倉大仏殿高徳院

この記事は約3分で読めます。

鎌倉の高徳院(大異山高徳院清浄泉寺)は、法然上人(1133 ~ 1212 年)を開祖とする浄土宗の仏教寺院です。

境内へ

仁王門・仁王像

露坐の大仏さま(国宝銅造阿弥陀如来坐像)

高さ11.3m、重さ121tという青銅製の大仏。仏像としては鎌倉唯一の国宝に指定されています。また、高徳院は、「鎌倉六阿弥陀霊場」の1番札所になります。

1252年に造立が開始されました。もともとは、この大きな大仏は大仏殿の中にありましたが、大地震や大風によって、外側の大仏殿は倒壊・再建を繰り返し、室町時代の中期以降は大仏殿をもたない「露座の大仏」となりました。

台座には入口があり、大仏の内部を見学する胎内拝観をすることができます。(休止中の場合もあるので確認してください)

大仏さまを囲むように礎石が5~60個あります。4枚の江戸中期に蓮台(蓮華の形に作った台座)の製作のため鋳造された蓮弁には寄進者の名前が刻まれています。

桜と大仏さまです。大仏様は桜が似合いますね。

<<浄土宗の教え>>

人は誰しも「南無阿弥陀仏(阿弥陀仏に帰依します)」と称えれば、その御加護に与ることができ、臨終に際しては極楽浄土に迎え入れていただける。

やぐら(高徳院)
やぐら(高徳院)

観月堂

鎌倉大仏像回廊裏手には「観月堂」があります。15世紀中頃、漢陽(現在のソウル)の朝鮮王宮内に建築されたものと言われており、大正13年に高徳院へ移築・寄贈されました。「観月堂」の中には、観音菩薩立像が安置されています。

高徳院は鎌倉三十三観音霊場の23番札所でもあります

えびすさま(高徳院)
(高徳院)
高徳院
高徳院

リス

木の枝にリスがいます

高徳院のリス
高徳院のリス

「与謝野晶子」の歌碑

観月堂のすぐ側にあります。与謝野晶子歌碑

「かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は美男におわす夏木立かな」
~『恋衣』(明治38年1月刊)

大仏さまはと詠んでいるが「阿弥陀如来」なのに、なぜゆえに「釈迦牟尼」なのでしょう?

「与謝野晶子」の歌碑(高徳院)
「与謝野晶子」の歌碑(高徳院)
地蔵さま(高徳院)
地蔵さま(高徳院)

大わらじ

右側の回廊内壁には大きな大わらじが掛かっています(長さ約1.8m、幅約0.9m、重さ約45キロの大仏様用のサイズ)これは、戦後間もない頃「大仏様に日本中を行脚し、万民を幸せにしていただきたい」と願う茨城県久慈郡(現常陸太田市松栄町)の子供達によって寄進が続けられています

大わらじ(高徳院)
大わらじ(高徳院)
大仏さま
大仏さま

高徳院へのアクセス

電話:0467-22-0703
所在地:神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
営業時間:10時〜16時(入場受付は15時45分まで)
御朱印(貼付用のみ):10時〜15時30分
拝観料:大人・中高校生300円、小学生150円

江ノ島電鉄 長谷駅より徒歩7分

鎌倉駅東口
バス乗り場1番より江ノ島電鉄バス20分、大仏前下車
バス乗り場6番から京浜急行バスで20分、大仏前下車

車横浜横須賀道朝比奈ICより15分

駐車場:障害者用駐車場1台のみ(事前予約制)

コメント

タイトルとURLをコピーしました