自分のための備忘録。他の誰かにも、役立ててもらえたら・・・

役立てて.com

健康 治療

長年の「めまい」がやっとよくなった

更新日:

長年、、さかのぼれば中学時代からしょっちゅう続いていた、偏頭痛やめまい。
ここ10数年は、少しのストレスでも、耳鳴りやめまい、顔面ピクピクに悩まされてきました。

4年ほど前、めまいがピークに。
生活に支障をきたすほどになり、病院通いが始まりました。

それと同時に、真剣に治療に向き合いました。

現在は、ときどき、頭が「ふわふわ」することはありますが、ひどい「めまい」に悩まされることはなくなりました。
それでも、体調が悪くなったり、疲れたり、ストレスを感じると、まず、耳鳴り・めまいに症状が出始めるので、時間があるときは、のんびり暮らすことを心がけています。

偏頭痛とめまい~学生時代

頭を振ると、頭痛がする。

中学生くらいに偏頭痛が時々するようになりました。
整体には、この頃から1,2ヶ月に1回くらいのペースで通いましたが、
あまり変化を感じられず、高校時代は慢性的な頭痛はあまり気にしないようにして暮らしました。

大学生になり、ソフト開発の会社でアルバイトするようになり、
肩こり、腰痛、視力の低下がひどくなり、忘れかけていた偏頭痛が始まりました。

ほぼ3食を外食で過ごし、運動不足な日々。

肩こり腰痛、眼下皮膚痙攣~サラリーマン時代

就職した会社では、システム部門で、プログラマー、SEの仕事を与えられました。
ますます、肩凝り、腰痛がひどくなっていきました。
納期が迫って、残業を余儀なくされるようになると、目の周りが勝手にピクピク動くようになったのです。

トイレで立ち上がるときはめまい。貧血。たまに耳鳴りもするようになりました。

地下鉄で立っていると、振動で腰に激痛が走るくらいです。
きっと、運動不足で、筋肉が落ちてしまっていたのでしょう。

食事は、相変わらず外食メイン。

個人事業主になって、パソコンに向かう日々

サラリーマンを辞めたあと、個人事業主になって、
ちょうど、インターネットが普及しだし、携帯もiモードなども出てきたりして、
HP作成をして、WEBでサービスを売るようになりました。

昼夜逆転の生活です。

もちろん、食事は、3食ほぼ外食。
面倒なときは、食事を抜くことも。

週1回ほど、整体・マッサージ・リフレクソロジーなどを受けるようになりました。

これ、かなり、良い効果ありました。
悪くなりきる前に行く。これ、大事。

それから、それまでひとり+ワンコ暮らしだったのが、
自分と暮らしてくれる人もでき、ふたり+ワンコになって、精神的にも安定した、
というのもあります。

めまいや耳鳴りもほとんどなくなり、もう大丈夫かな、なんて思ったものです。
偏頭痛も、不思議なことになくなりました。

介護のような介助のような、それでも大変でプレッシャー

ある日、妹が、低酸素脳症になり、
奇跡的に助かったものの、介護とまではいかないけれど、かなりの介助が必要になり、
私が面倒をみて、一緒に暮らすことになりました。

のんびり、ふたりとワンコ一匹の気ままの暮らしでしたのが、
突如として、緊張感MAXの生活に突入したのです。

意識が戻るまでは、心配と疲れで、めまい、耳鳴り、顔面痙攣、最悪でした。
意識が戻っても、後遺症のケア。

自分がしっかりしなければ・・がんばらなければ・・と思えば思うほどに、
自分自身の症状は悪化していくばかり。

この頃、一緒に暮らしていた方が、毎日食事をせっせと作ってくれるようになったので、
だいぶ救われましたし、精神的にも助かりました。

このことがあって、

原因は、睡眠不足、栄養不足、運動不足、ストレス! 
と、確信するようになりました。

病院通い始まる

介助生活も3年ほど経ったころ、パソコンに張り付きすぎて、
ある日突然、頭がくらっ!としたかと思ったら、座っていた椅子から転げ落ち、
気持ち悪さと吐き気と頭痛とめまいが襲ってきたのです。

眠ろうとしても、目がくるくる回っているのがわかります。

夏でしたので、熱中症かと思ったのですが、そうではありませんでした。

3日ほど、病院にも行けないほどの調子の悪さを経て、
耳鼻科へ行ったのでした。

耳鼻科

メニエル病かもしれないと思って、行ってみた耳鼻科。
いろいろな検査を細かくしてもらった結果、メニエルではない。と。

血流よくする薬

めまいの薬

メニエルではないと断言してもらって気持ちも楽になったのか、薬が効いたのか、
すっきりとはしないものの、吐き気と頭痛からは開放されました。

血流がよくなる薬など処方してもらって帰り、1週間後に再診。
いただいのは、漢方の薬。これを2週間ほど飲んだら、とりあえずのめまいはなくなりました。

ツムラ漢方苓桂朮甘湯エキス顆粒

座っていると血圧が測れるのですが、立って血圧が測れない。
血圧が低すぎてエラーになるのです。
それで、脳貧血だということになって、運動を勧められました。

内科~MRA

耳鼻科でもらった薬もなくなり、でも、調子が悪いので、今度は循環器専門の内科に行きました。
そこでは、両手・両足の血圧を測りましたが、ここでも、1回目は低すぎてエラー。

測れた結果は、手より足の血圧のほうが低く(こういうことは、ほとんどないそうです)、
たぶん、日常的に、しゅんぱつ的な動きが足りないのだと思うが、
もし、そうでなければ、足腿の動脈瘤とか、何か重篤な原因があるかもしれない、
ということで、市民病院の紹介状をいただき、後日、MRAへ。

結果が出るまでは、激しい動きはしないように、ということでしたが、

MRAの結果は、、画像上は問題ない。ということでした。

この頃、振り向くと、頭がふわふわして、調子が悪いとめまいがしていました。
耳鳴りも、少々。

神経内科

あまり調子が悪いので、兄弟が通う神経内科の先生に相談。
診察をしていただいて、とりあえず、いただいたのが、「セルシン」。

セルシン

のちに、内科医の友人に、いったい何を話したらセルシンになるのか・・・と。
セルシンというと、救急で運ばれてきた人を気絶させるために使うんだそうです。

まあ、私がいただいたのは、含有量が少ない固体の粒だったので、
濃度が違うんじゃないか、と、思いますが、そういう薬だそうです。
また、この神経内科の先生は、精神科の先生だったこともあったので、
そういう薬になったのかな、と、思っています。

ところが、これが、意外と良い効果がありました。

すごくよく眠れ、2日はまともに暮らせません。
2日間、だらだら眠って、ご飯食べて、眠って、ご飯食べて、、、、
の繰り返し。

通常ですと、そういう暮らしができないのですが、セルシンのおかげで、
身体の緊張もほぐれ、すっかり疲れがとれたのです。

根本的な解決になるかというと、疑問はありますが、
疲れがたまったときなどに、めまいや耳鳴りなどが出ることを考えると、
この薬は、使用法を間違えなければ、かなり、有効なんじゃないかと思います。

頓服として、保存してありますので、機会があったら、また、お世話になろうかな、なんて思ってます。

整体

GODHANDを持っている、とても研究熱心で上手な先生を見つけましたので、
その先生に、月に1回自宅に来てもらっています。

首のずれを治してもらったら、天下一品というか、本当に調子よくなります、

ただ、効きすぎて、やってもらった直後に頭痛がひどく始まったことがありました。
5時間くらいしたら治ると言われたのですが、
まあ、時間がくると本当に治るんですが、なんか怖いので、それ以降は、
少しづつ調整してもらうようにしています。

めまい、耳鳴りには整体は効くと思います。
でも整体の先生はピンきりで、かえって悪化することもあるので、
本当に上手な先生にたどり着けるかどうかにかかっていますね。

置き鍼というらしく、脈をみて、腕と足のみに鍼を刺し、1時間ほど放置されます。
即効性があって、とても元気になります。
ついでに、長年わずらっていた花粉症が一切なくなり、今年も大丈夫でした。

また、違うところでも鍼をしてもらいますが、こちらは、マッサージよりも効きがいいというか、
1週間くらい、筋肉がほぐれます。

マッサージ・足つぼ・リフレクソロジー・アロマ

マッサージや、足つぼ、リフレクソロジー、アロマなど、
気が向いたときに、なるべく行くようにしています。

とにかく、リフレッシュして、リラックスして、ストレスを発散することが大切ですので、
ライフワークのようにしています。

食事

何よりも、食事が毎日おいしく、バランスがいいので、感謝しながら食べています。
外食することもほとんどなくなり、体調がよくなり、よく眠れるようになったのは、
ひとえにこの食事のおかげだと思っています。

私は痔の治療もあるので、野菜中心、海草、きのこ、そのほかもろもろ、
1日30種類以上の食材は、、たぶん、クリアしていると思います。

もちろん、私も、時間があるときは、まとめて2,3品作り置きのおかずを
作ります。これが、結構毎日の食卓を楽にします。
作り置きおかずを利用することで、様々な食材を取り入れることができるので、めまいだけでなく、体調の悪い方には本当におすすめです。


ラインで公式「ゆーママ」のお友達登録させていただいて、よく、参考にさせていただいています。ラインでレシピが紹介されるのですが、簡単に作れるおいしいおかずが多いので、とても重宝しています。

睡眠

ワンコを飼い始めた20代の頃から、夜ぐっすり眠れません。
今でも、夜中に何度も起きますし、眠りは浅いです。

それでも、ゆっくりお風呂に浸かり、
時にはセルシンを飲んだり(半年に1回くらいですね)、
たまに、ぐっすり眠れることもあるので、それでよしとしています。

眠れない・・と思うのも、ストレスになりますからね。

ストレス

すべては、ストレス解消のために。
仕事は細かいし、ストレスも溜まるほうだと思います。

兄弟はのんびり、リハビリしながら楽しそうに暮らしているので、
まあ、それだけでもよしとして、自分もストレスためないように、ゆっくり仕事していこうと思います。

めまいが起きないように、、というのは、いつも気をつけて生活しています。

-健康, 治療
-, , , , , , ,

Copyright© 役立てて.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.