自分のための備忘録。他の誰かにも、役立ててもらえたら・・・

役立てて備忘録

豆乳&牛乳ヨーグルトを保温鍋に大量作ってみた

投稿日:

コロナウィルスによる外出自粛で毎日家にいて、朝から晩まで何かを作っては食べ続け、中性脂肪値が気になり始めている今日この頃。

夕食後にヨーグルトを食べると、お通じが良くなり中性脂肪値も正常値に戻るかなと思って、ガセリ菌ヨーグルトを種菌にして3日に1回ほど大量に保温鍋いっぱいにヨーグルトを作っています。





豆乳入りガセリ菌ヨーグルトの作り方

材料

  • ガセリ菌ヨーグルト飲むタイプ 1本
  • 牛乳 1リットル
  • 豆乳 600ミリリットル
  • 砂糖 40グラム(無くても大丈夫)

作り方

  1. 保温鍋や温度計を煮沸して消毒します。保温鍋に少量の水を入れて火にかければオッケーです。その熱湯を温度計にかけれて、一応殺菌します。やけどに注意してください
  2. 牛乳、豆乳、お砂糖を鍋に入れ、弱火で火にかけます。お砂糖がよく溶けるように温度計の先でくるくる回しながら、45度位まで温度を上げていきます。
  3. 45度になったらすぐに火からおろし、ガセリ菌ヨーグルト液体タイプを入れて温度計でくるくる回します。よく混ぜたらフタをして、保温鍋にセットします。
  4. 8時間から12時間お好みの硬さになるまで放置します。
  5. 保存用のタッパーに移し替えて冷蔵庫に入れましょう。半日ぐらい冷蔵庫に入れておくと美味しくいただけます。3〜4日以内には全て食べきりましょう。

保温時間によるヨーグルトの固まり加減
(牛乳1:豆乳0.6の場合)

保温鍋に入れて発酵させる時間によって、かなり出来上がりの固さや酸味が違ってきます。また、ある程度ゆるく(柔らかく)ても、保温鍋から出して冷蔵庫で保管している間にも固くなっていきますので、あまり神経質に考えなくてもいいかなと思います。

8時間

表面は固まっています。スプーンで救うとトロトロこぼれる感じです。その後冷蔵庫で保管中にもう少し固まりますで、大丈夫。

この写真は、トロトロしたヨーグルトが冷蔵後で12時間経過し、固まったものです。

冷蔵後に入れた手作りヨーグルト

10時間

ブルガリアヨーグルト位な感じで固まっています。スプーンですくっても形を残してタッパーなどに入れ替えれる硬さです。

12時間

しっかり固まっています。豆乳の種類によっては、表面の2〜3ミリが、うっすらとピンク色になる場合があります。アントシアニンらしいのでたべても大丈夫です。気になる人は混ぜこんでしまってもいいと思います。

豆乳の割合によるヨーグルトの固まり方

牛乳と豆乳の割合

最初は、牛乳だけでヨーグルトを作っていました。豆乳を入れたほうがもっとヘルシーかもと思い、豆乳を入れてみることにしたのですが、豆乳の量によって酸味が強く出たり固まりすぎたり変化がありましたのでお知らせします。

牛乳だけで作った場合

出来上がったヨーグルトはとてもミルキーで、すごくおいしかったです。12時間位は保温しても酸味もほとんどなく、ゆるく固まる程度。甘みも少々ありとてもおいしい。

牛乳1リットル豆乳600ミリリットルで作った場合(このページのレシピ)

保温鍋での保温は8時間から10時間位がちょうどよく固まる感じです。牛乳のミルキーさも感じられ、豆乳感もあまり気になりません。保温時間が長いほうが酸味と固さが増します。

牛乳600ミリリットル豆乳1リットルで作った場合。

8時間位でもかなり固くなっています。すでに酸味もかなりあり、豆乳が自己主張しすぎな感じですが、豆乳好きの方には問題無しでしょう。キッコーマンの無調整豆乳を使った時は表面に3ミリがうっすらとピンク色に変わりました。アントシアニンによる色の変化らしく、においや味は何の問題もありませんでした。美味しく頂きました。

砂糖を入れるのは乳酸菌の餌になるため

お砂糖40グラム入れるのは出来上がりのヨーグルト自体が少し甘くなって美味しくなると言う理由もありますが、本当の理由は砂糖が乳酸菌の餌になるためです。

砂糖の量は、レシピの材料の場所にも書きましたがなくても大丈夫です。ただ、乳酸菌の餌がない分、砂糖ありの時に比べて柔らかくなります。少々保温時間を延ばすと同じように固まってきます。


ヨーグルト作りを続ける秘訣は、おいしく作ること

ヨーグルトを手作りするようになって、毎日おいしいヨーグルトを食後に食べるようになりました。もちろんコスパもいいことは大切なことではありますが、普通に購入するヨーグルトよりも、作ったヨーグルトのほうがおいしいのです。
自分を含め、家族みんなの好みに合わせた固さや豆乳配合率、甘みなど、好きなように作れるので、とても良い習慣が身につきましたよ。

面倒なことはやらない

  • 容器やスプーン、温度計をしっかり煮沸して滅菌する
  • コスパを重視して作ったヨーグルトを種菌にして使いまわす

ということを、気にしすぎると続きません。今では、保温鍋は最初に熱したりしますが、スプーンや温度計、冷蔵庫保存するタッパは煮沸消毒してませんが何の問題もありません。3~4日で食べきってしまうので、神経質になりすぎないことが大事かな。と、思います。

その代わり、作ったヨーグルトを種菌にはしませんよ。

味の変化を楽しむ(すごく微妙だけど)

普段はガセリ菌ドリンクタイプのプレーンを使いますが、たまに、ベリー味やマスカット味のものを使ったり、R1ヨーグルトを使ったりすると、味や香りが違ってきます。

種菌になるヨーグルトの買い物を頼むと、視力があまりよくないパートナーは、違うものを買ってきてしまうことがよくあって、でも、それも変化があっていいかなと思い、楽しんでます。

また、できたヨーグルトをぐるぐる混ぜて、トロトロにしても食感が変わってとてもおいしいです。カスピ海ヨーグルトのようです♪

豆乳入りヨーグルト



-
-, , , , , ,

Copyright© 役立てて備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.