茅ヶ崎のパートナーシップ宣誓制度

この記事は約4分で読めます。

昨年、事実婚をした私たち。その時すでに茅ヶ崎市にはパートナーシップ宣誓制度なるものがあったようです。

事実婚をした時の記事はこちら

しかし、私はもちろんパートナーも友人もかかりつけ医院の先生も、誰もそのような制度が茅ヶ崎市にあることを知りませんでした。

そして、住民票の続柄を「夫(未届け)」とわざわざ変更しに行ったときにも、市役所の市民課の受付の方は教えてくれませんでした。(別にいいけど)

それで、先日届いた広報を見たら、、、

ーーーーーーー

茅ヶ崎市は藤沢市、寒川町とパートナーシップ宣誓制度に関する協定を締結したこと

2022年2月1日から、この2市1町間の転出転入の際には、パートナーシップ宣誓制度に必要な手続きを簡略化できるようになること

男女共同参画課多文化共生担当
電話0467-57-1414

ーーーーーーーーー

が、記載されていました。

それを見て初めて、
おぉ、、茅ヶ崎市にパートナーシップ宣誓制度があったとは‼️と、気づいたわけです。

そんなわけなので、今回も茅ヶ崎広報を見損ねた方もいるかもしれないので、このブログに概要と宣誓の手続き方法等を記載しておこうと思います

パートナーシップ宣誓制度とは

性的マイノリティや事実婚の方などが、お互いを人生のパートナーとして宣誓する制度です

パートナーシップ宣誓をするには

条件

  • 民法に規定する成年に達していること。
  • 市内に住所を有すること、または 一方が市内に 住所を有し 、かつ他の一方が3か月以内に市内に転入を予定していること。
  • 婚姻していないこと。
  • 宣誓をしようとする方以外とのパートナーシップがないこと。
  • 宣誓をしようとする方同士が、民法に規定する婚姻することができない場合でないこと(宣誓しようとするもの同士が養子縁組を解消した場合を除く) 

手続きに必要な書類など

  1. 住民票の写し又は住民票記載事項証明書その他の現住所を確認できる書類(宣誓日前3か月以内に発行されたものに限る。)
  2. 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)その他の婚姻していないことを確認できる書類(宣誓日前3か月以内に発行されたものに限る。)
  3. 本人確認書類(個人番号カード、旅券、運転免許証等)

パートナーシップ宣誓手続きの予約

  • 宣誓ができる日時は、月曜日~金曜日(祝日 、年末年始を除く)9時~16時 (12時~13時除く)
  • 宣誓希望日と時間帯(午前・午後など)(第3希望まで)、お二人の氏名(フリガナ)、代表の方の日中の 連絡先などを伝える
  • 予約は宣誓希望日の3か月前から、宣誓を希望する日の7日前までに電話・メールで受け付け

【予約連絡先】男女共同参画課
電話:0467(57)1414
メール:danjo@city.chigasaki.kanagawa.jp
(注)電話は、月曜日 ~金曜日(祝日 、年末年始を除く)9時~17時 (12時~13時除く)

宣誓当日の流れ

  1. 本人確認ができる書類と、住民票の写しや戸籍抄本等の宣誓の要件が確認できる書類をお持ちの上、予約した日時にお二人で「男女共同参画推進センターいこりあ」へ行く
  2. 宣誓の要件に適合しているかを市職員に確認されます
  3. 不備等がなければ、「宣誓書の写し」 と 「宣誓書受領証」、「宣誓書受領証カード」 (希望者のみ)を交付してもらえます。

神奈川県のパートナーシップ宣誓ができる市町村

  • 横浜市
  • 川崎市
  • 相模原市
  • 横須賀市
  • 鎌倉市
  • 藤沢市
  • 小田原市
  • 茅ヶ崎
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 大和市
  • 南足柄市
  • 葉山町
  • 大井町
  • 松田町
  • 寒川町

パートナーシップ宣誓に法的意味合い

法的な意味はない

税制、相続など、これまでと同様に法的な部分に関しては何も権利を得られません。でも、会社からの家賃補助や緊急時の対応など、生活面での現実的な部分でメリットがあるかと思います。

同性婚の人たちの選択

同居しても住民票の続柄は「同居人」になってしまう同性婚のカップルにとって、このパートナーシップ宣誓をして宣誓書をもらうことによって、書面での証明ができるようになり、とてもよい制度ができたなと思う一方で、相続権などの、法的な権利をお互いに保護しあうために現在養子縁組を選択しているカップルはどうしたらいいのでしょう。
パートナーとして認めてもらいたい、宣誓をしたい、という思いがあっても、養子縁組をしている場合は宣誓することができません。

養子縁組を解消すれば宣誓できるということですが、難しい問題ですね。

同性婚が認められる自由な国に早くなるといいなと思います。

住民票の続柄変更と何が違うのか?~事実婚の場合

事実婚の場合、私たちがしたように住民票の続柄に妻(未届)・夫(未届)と、記載してもらうことができます。それでも、現行法では、法的な婚姻関係としての権利はありません。

パートナーシップ宣誓をしても、それは同じです。

今のところ、パートナーシップ宣誓をすることの意味が、事実婚の場合、希薄だと感じます。

社会の意識を変えていこうとしてくれていることは理解できますが、なかなか進展しないな・・・という思いです。

選択的夫婦別姓が認められる世の中になるといいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました