オパール10月の誕生石、パワーストーン・天然石の意味・効果・相性一覧・パワーストーンの浄化方法
オパールパワーストーン

パワーストーンホーム > オパール

オパールの意味・効果、浄化方法 10月の誕生石


オパール 10月の誕生石


別称 蛋白石 オパール
無色、白、黄色、オレンジ、赤、ピンクなど
原産国 オパール
硬度 5.5〜6.5
成分 SiO2・nH2O
結晶系 非晶質

浄化の方法

オパールの浄化は以下の方法が適しています。

クリスタル(水晶)クラスターの上に置く          煙(セージやお香)でいぶす          月の光を当てる          水で洗う(湧き水、清流、ミネラルウォーターなど)

オパールの石言葉

オパールの意味・効果

水分が多い軟らかい石で、表面が見る角度によって虹色にゆらいで輝く遊色(プレイオ ブカラー)効果があります。そういったものをプレシャスオパール、輝かないものをコモンオパールと呼んでいます。サンスクリット語で宝石という意味のUpalaが語源といわれています。幸運を招く石といわれています。

創造性や才能を引き出し育てるといわれます。 暗い気持ちをはらって、明るくしてくれます。 視野を広く持てるようになります。 愛情を招きます。 新しい一歩を踏み出す助けに。

オパールとの組み合わせ・相性

オパール+ラベンダー翡翠  困難に負けず夢をかなえたい時に。

オパール+トパーズ     素晴らしい出会いを引き寄せる。

オパール+

オパール取り扱いの注意

オパールは、直射日光に当てない。  軟らかいので硬いものと一緒にしない。

スポンサーリンク

CategoryMenu

パワーストーン意味効果のホーム

▼ハーブの種類・効能

パワーストーンの種類

パワーストーンの色

誕生石(誕生月)

星座の天然石

干支の天然石

パワーストーン意味効果

パワーストーンの浄化方法

チャクラ

パワーストーンの形意味

パワーストーン本・雑誌

SiteMenu

パワーストーン意味効果のホーム

免責事項

スポンサーリンク