自分のための備忘録。他の誰かにも、役立ててもらえたら・・・

役立てて備忘録

介護

入浴介助ベルトを手作りしてみた

投稿日:

入浴時に必要な入浴介助ベルトを、売ってるものを参考に手作りしてみました。

参考にさせていただいたのは、株式会社特殊衣料さんの「介助ベルトたすけ帯V型」です。

入浴介助のグッズは色々ありますが、本人の希望と、訪問看護ステーションからきてくださっている作業療法士さんのお勧めが「さらし」だったことから、どんなもんかと、作ってみました。

手作り入浴介助ベルト

OTの先生(作業療法士さん)お勧めは、さらしでしたが、家にある使い古しのシーツを利用しました。

強度を増すため、4枚重ねにして帯にしてあります。

オレンジ色の部分も、強度のためのテープです。縫い付けてあります。

入浴介助ベルト作成サイズと、対象者の身長

身長165~175cmくらいの大人が利用するのに丁度よさげなサイズです。

作成帯のサイズ

・帯の幅は、8cmくらい。

・腰回りの帯の長さは、160cm。片ちょうちょ結びなので短めです)

・後ろから前に渡す2本の帯の長さは、50cm。
ただし、後ろ側は横帯に取り付ける分として+5cm、前側は輪になっているので、その折り返しの部分として+10cmくらい必要です。
なので、合計65cmの帯を作って取り付けていることになります。(わかりやすい画像がなくてすみません)

固くなってしまわないように、今回は手作り初めてということもあり、ベルト芯は入れてありません。

横帯の前での結び方

片方のみ輪を作るちょうちょ結びです。

それを前提にしてるので、帯の左右の長さが違っています。もし、両輪のちょうちょ結びをするのであれば、横帯の長さをもっと長くしないと結びにくいですので、注意が必要です。

気を付けること

かなりの体重がかかると思うので、横帯と縦帯はしっかり縫い付ける。

合計8枚の布+補強テープを縫うので、ミシンの針を一回曲げてしまいました。もっと慎重に、枚数の多いところを縫うときは、布の送りと針の動きがぎゅっってならないように、リズムよく縫うことが大事だと思いました。

使ってみて、気づいたことがありましたら、追記していこうと思います。

片ちょうちょ結びでいいのか、とか、水に濡れた時に布がどんな感じになるのか、取ってを付けてないので、介助者は横帯を直接つかむことになりますが、それでいいのか、などなど。気になっていることはあります。もし、問題なければ、追記はしません。

入浴介助ベルトの使いかた。

一言で言うと、ふんどしのように使うのですが、うまく言えません。どのように使えばいいのかイメージできないかと思いますので、特殊衣料さんの介助ベルトおたすけ帯V型の商品説明ページにある動画がとてもわかりやすいので、もし、作成しようという方は見ておいたほうがいいですね。

作るのは面倒って方は、アマゾンでも買えます。画像をクリックするとAmazonに飛びます。

この画像↑見ると、装着時の感じがわかりますね。

自分で装着してみてたところ、なんとなくですが、かなり安定感もあって、湯船に入れるときに安心してできそうな気がしています。

お風呂には、なるべくストレスなく、安全に入れたいものですよね。

-介護
-, , , ,

Copyright© 役立てて備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.